QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2010年04月16日

横浜M・中村俊輔、山形戦に特殊ギプスで復帰

左足首と甲を痛めている
横浜Mの日本代表

MF中村俊輔(31)

が、
17日の山形戦(NDス)に甲を守る

“特殊プロテクター”

を装着して出場する見通しとなったんだって。
えぇ~、大丈夫なの?
ま、完璧に守れると判断したからこそ、
出場するのでしょうけれど。

しかし、すごいね。
出場するなんて、思っても見なかったよ。

プロテクターをつけたからといって、足に全く負担がないというわけではないと思うんだけっど・・。
ファンが心配するなか、

公式戦2試合ぶりの復帰へ15日、

「プラスチックのプロテクターを作った。つけると少しスパイクがふくらむけど、痛さが全然違う」

と明かしたそうです。
いや、酷くならなければそれで良いんだけどね。
痛さは、全然違うと言うことですし、
プレーちゅーはプレーに夢中になっていて痛さまではわからないかも知れない。

でも、後が大変なら、やめておいた方が・・・

なんて思ったりもするんだけどね。


チームスタッフは、

「簡易型ギプスといえるもの」

と説明っしています。

70度の湯で軟らかくなる樹脂製のテープで、
足に巻いて冷やすことでギプスのように硬化するものだそうです。

足首の可動域を極力減らさず、
患部を保護できるというものなんだって。


長引いていた左足の痛みは
14日のナビスコ杯・磐田戦を欠場した効果もあって、

「足首は悪くなっていない」

と回復は順調だそうです。

この日から、
全体練習に合流したところ、

甲の打撲はキック時に痛みが残るため、
スタッフの進言でプロテクター導入を決断したんだって。

なかなか、プロテクターをまいていると、
足の感覚も違ったりしてきて、
ちょっとやりにくいかも知れないですよね。

「一番は怖さがなくなること」

と笑顔の俊輔。
南アW杯への影響も心配された負傷だが、

試合勘の維持と悪化防止を両立できる秘密兵器は、心強い存在だとのことです。

いや、でもラッキーだよね。
山形戦を観戦する人は・・・。

見ることが出来ないと思っていた俊介の姿を見ることが出来るんだからさ!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100416-00000007-sanspo-socc


同じカテゴリー(こんなのどうですか?)の記事
 櫛引中教員の飲酒運転で鶴岡市教育長が「不祥事おわび」 (2010-06-16 22:57)
 カルバン・クラインの香水、ジャガーおびき寄せる効果が! (2010-06-09 21:39)
 美味しいメロンパン!コンビニなど4社共同開発でカロリー約半分 (2010-06-05 20:55)
 「植物工場」は農業に救世主?参入する企業が増えてきた! (2010-05-31 20:13)
 ケイト・モス 寝ている間にドロボウ 1000万以上の絵画が! (2010-05-24 20:36)
 山形道、来月から無料化実験、これで県内有料道路の9割が無料化 (2010-05-23 20:19)