QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2010年03月27日

東根市の大森山ふもとに、広い子どもの遊び場が13年春オープン

東根市元東根、
元原方の大森山のふもと

約3ヘクタールに
「子どもの遊び場」

が13年春にできるそうです。

すごいですねぇ~。
とてつもない広さの遊び場です。

思いっきり、
走り回ったり、体を充分に動かして
心身共に元気に、

「遊びから生きる力をつける」

という

「プレイパーク」

の理念を取り入れ、
市が山の自然を生かした木登りやたき火、泥遊びなど、わんぱく遊びにもってこいの場所を作るんだって。

市都市整備課の
半田隆課長補佐(50)は

「自然の中で遊んで学ぶことは多い。自分が子供のころしていた遊びを今の子供にも体験させたい」

と狙いを話しているそうです。

ツリーハウス作りや、がらくたでの小屋作り、
田んぼの泥遊びや池遊びができるようにする予定なんだって。

滑り台やアスレチック、トランポリンなど大型遊具は少しにして、
子供が自分たちで遊びを作り出せる場所にするという。

隣には既にサッカー場やテニスコートがある大森山公園がある

いやいや、
すごいよ。

ここでは、きっと子どもの考える力、今日よくする力を存分に養うことが出来るのでしょうね。
プレイパークは

「自分の責任で自由に遊ぶ」

をモットーにした自然を生かした公園。
プレイリーダーと呼ばれる大人が子供に遊び方を教えたり、
一緒に新たな遊具や遊び方を作ったりするんだって!


プレイパークで知られる
東京都世田谷区の羽根木公園や仙台市の海岸公園冒険広場を参考にしたそうです。


総事業費は約5億7000万円を予定。
10年度予算にはプレイリーダー養成費などに300万円を計上しているそうです。

土田正剛市長は

「家でテレビゲームをするのでなく、子供が外で自由に伸び伸びと遊べる環境は大事。
経済的な負担軽減だけでない子育て支援策として、子育て世代に訴えたい」

と話しているそうです。

これは、素晴らしい!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100327-00000118-mailo-l06


同じカテゴリー(すごいぞ!山形)の記事
 山形県総合支庁、庄内のロケ地300件DB化で“楽々検索”  (2010-05-04 20:22)
 米沢工生徒、車椅子照明:足元をLED、ELで!特許出願! (2010-03-19 19:58)
 東根工高生、バングラデシュ支援 学校に太陽電池設置へ (2010-03-14 20:27)
 国際ボランティアセンター山形、カンボジアで農家組織化 (2010-03-11 20:10)
 お雛さま 美を競いお出迎え 山形70ヵ所以上で展示 (2010-02-16 21:14)
 山形市・映画館「フォーラム」18日から託児サービス開始するよ (2010-01-16 20:25)