QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2009年11月09日

山形・教習所で交通安全教室。室高齢者に実技体験と視力適性検査

高齢者の交通事故防止のため
山形市蔵王松ケ丘の蔵王自動車学園で7日、

無料の
「一日交通安全教室」

が開催され、
60~70代の男女10人が参加し、

学園コース内での

実技体験
  と
視力を確認する適性検査に挑戦したそうです。
これって、とっても大切なことですよね。
だって、免許の更新までの間に、

視力やその他の実技で運転するには、何らかの支障があるかも知れない。
高齢者の事故を防ぐ為には、とても大切なことなのではないでしょうか?

「高齢者の交通事故防止推進強化月間」
(10月15日~11月16日)

に上山地区交通安全協会(大城至男会長)
    や
上山署などが
毎年実施しているんだって。

実技は、

▽進路変更や右左折の方法
▽原付きバイクが飛び出した際の注意法
▽見通しが悪い交差点の通過法--など。

適性検査では、
視野の範囲と夜間視力を確認したそうです。

上山市長清水2、
食品販売店、高橋昭雄さん(77)は

「どれだけ運転できるか試したかった。反射神経など少し衰えてきているので、気を付けないと」

と気を引き締めていたとのことです。

たしかに・・・。
自分が思っている

「運転をしても大丈夫!」


他人から見た

「運転しても大丈夫?」

とでは、大きな違いがありますからね。

本当は、免許の更新の時には、
簡単な実技があった方が良いんですよね。
ただ、そんなことをしている余裕は、ないでしょうが・・・。

自分が思っている以上に反射神経というものは
年齢と主に衰えているんだよね。

たとえば、
若いときなら、

「危ない」

と思った瞬間に、体が同時に動く。
だけど、
年齢を経てくると、

「危ない」

と思った瞬間、体が動くのはもっと後なんだよね。

・・・って、これは私の実感です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091108-00000150-mailo-l06


同じカテゴリー(すごいぞ!山形)の記事
 山形県総合支庁、庄内のロケ地300件DB化で“楽々検索”  (2010-05-04 20:22)
 東根市の大森山ふもとに、広い子どもの遊び場が13年春オープン (2010-03-27 20:06)
 米沢工生徒、車椅子照明:足元をLED、ELで!特許出願! (2010-03-19 19:58)
 東根工高生、バングラデシュ支援 学校に太陽電池設置へ (2010-03-14 20:27)
 国際ボランティアセンター山形、カンボジアで農家組織化 (2010-03-11 20:10)
 お雛さま 美を競いお出迎え 山形70ヵ所以上で展示 (2010-02-16 21:14)