QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2009年10月27日

山形・県内自治体初の電気自動車導入で試乗会

県が公用車として購入した
三菱自動車の電気自動車

「i-MiEV(アイミーブ)」

1台が26日、
納入され、試乗会に職員約40人が集まったんだって。

県内自治体での電気自動車導入は県が初めてだったんだって。

村山市も導入予定だということです。

アイミーブは、リチウムイオン電池を搭載した
軽乗用車の電気自動車で家庭の電源で充電できる。

走行中の二酸化炭素排出量はゼロ。
約14時間でフル充電し、最長約160キロ走ることができるそうです。

環境にもいいし、何よりも維持費が安く空くよね。
もちろんそれなりの価格はするわけですが・・・。

山形の美しい自然を残して行くべく、
電気自動車の導入というのはとってもいいことなのではないでしょうか?

県は二酸化炭素削減のため当初予算に463万6000円を計上して購入。
公用車の車庫に充電のためのコンセントも設けたんだって。
県環境企画課は

「出張などに使いたいが、充電に時間がかかるので、
日帰りでは最上や置賜が限界かもしれない」

と話しているそうです。
そうかぁ、当面電気自動車が普及するまでは充電に困ると言うことなんですよね。
・・・ってことはこの車はバッテリー形式ではないということですね。

フル充電に14時間かかると言うことは、半日以上もかかるんだもんね。
確かに遠出はちょっと無理かも?


31日と11月1日に

山形市平久保の山形ビッグウイングで開かれる

「ごみゼロやまがた環境展09」

でも展示されるそうです。

 事課の槙裕一給与管理係長(38)は

「静かで乗り心地は快適。ガソリン自動車と馬力も引けを取らないのでは。
次世代の自動車という感じだ」

と話していたそうです。
県が先頭を切って乗ることによって、
県内自治体や、また、県民への宣伝効果に繋がればいいですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091027-00000121-mailo-l06


同じカテゴリー(がんばれ山形!)の記事
 山形、児童虐待調査で09年度、232件 6年連続で200超 (2010-06-19 19:47)
 山形県内自動車関連産業の技術工場へ ハイブリッド車の分解研修 (2010-05-13 20:05)
 山形県教委、ネットいじめ対策で防止事業展開 (2010-04-25 21:12)
 山形大学・オリジナルの酒、販売開始!売り上げの一部は奨学金に (2010-03-17 20:10)
 山形県は、激変緩和措置3000~2万円上乗せし品目毎の助成額 (2010-03-07 20:14)
 東根市「子育て応援」掲げ、新年度当初予算案は総額164億円 (2010-02-18 20:08)