QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2009年08月24日

銀座、山形のイタリア料理店「ヤマガタ・サンダンデロ」オープン

わが町の特産を使った料理を東京で味わってほしいと、
銀座に地方発のレストランやカフェが相次いでオープンしている中、

今年の5月に
銀座にある山形県のアンテナショップ2階に

イタリア料理店「ヤマガタ・サンダンデロ」
(酒田弁で「山形産なんでしょう」の意)

が開店したsぴでし。
シェフの奥田政行さん(39)
自らが生産者を訪ね、
素材の約9割は山形産なんだって。

そうだよね、せっかく地方の特産を味わって欲しいと願って出展するんだもの。
やっぱり、素材からこだわってこそ!我が町の特産品の味!ってことだよね。


山形産野菜を味わうため、
ランチメニューの前菜には生野菜のスティックを、
メーンはソースを使わず塩で素材の味を引き出す。
天候によって野菜の味が変わるため、メニューは毎日素材に合わせ考えていくんだって。

奥田さんは平成12年、
山形県鶴岡市に

「アル・ケッチァーノ」を開店。
「生産者を元気にしたい」

と地元食材を使い、遠方からも客が通う人気店になったんだって。

へぇ~、元々山形の有名なお店って言うことなんだね。

銀座出店は県の公募に応じた。
生産者の一人から

「山形の魅力を伝えるのはお前しかいない」

と後押しされた。奥田さんは

「山形に来られない人にも地元の味を伝えたい」

同店の齋藤千一郎支配人は「全国に山形の魅力を発信する入り口にする」

と意気込んで、気と今日も山形の食材をフルに生かせる味を考えながら
料理しているんだね!

東京って、本当に地方から出て来て働いている人が多くて、
ふるさとを遠く離れている人にとっても、
こういう風に地方のお店が銀座に出店してくるというのは、
とても良いことだよね。

さみしくなったら、帰りたくなったら、
アンテナショップへと足を運ぶ人もいるのではないでしょうか?

そこで、ひょっとしたら、懐かしい方言に出会うことが出来るかも知れない。
そうするときっと、
また、ここで頑張ろう!
そんな気になるに違いないと思うな!

これは、生産者にとっても
地方から出てきて東京で働く人にとっても

とっても良いことのような気がします。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090823-00000570-san-bus_all


同じカテゴリー(美味しい山形)の記事
 山形、東沢バラ公園のばらが見頃だよ!「美しさ」を堪能して! (2010-06-20 19:53)
 ウド鈴木、出身地“山形”アンテナショップのセレモニーに出席 (2010-04-30 21:23)
 山形の自慢の味・佐藤錦の出荷が東根で始まったよぉ~! (2010-03-31 20:09)
 山形名物の玉こんにゃく「こんにゃく道場」東京に進出! (2010-03-28 20:04)
 平田牧場、JR山形駅前に直営店 県内陸部は初進出 (2010-02-25 17:22)
 「山形・朝日町産」のリンゴが台湾で無断でブランド使用! (2010-01-15 20:50)