QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2009年12月31日

米沢“おしょうしなガイドの会”4~11月の案内客52423人

“おしょうしなガイドの会”
(戸田邦夫会長)が、

4月から11月までの8カ月間に

案内した観光客総数が5万2423人になり、
団体個人の延べ回数にして
2230件といずれも過去最高となったそうです。

“おしょうしなガイドの会”

っていうのはね、
米沢市観光の中心

上杉、松岬(まつがさき)両神社で

無料歴史案内ガイド役を務めている会のことなのよ!

無料だから、ボランティア?
ってことになるのかな?

8カ月間で案内客数は昨年度1年間の1・9倍、
一昨年度の2・8倍。

例年シーズンオフの12月も28日までに40件1139人の予約があったそうです。

予約があったということは、
結構知られていると言うことですよね。

私は、全く知らなかったんだけど。


元々、会の始まりは県が取り組んだものらしい。
95年に県が観光ガイドボランティアを養成したのが始まりなんだって!

なんと言ってもこの会の案内人は、全てが市内の励起し好きだと言うこと!
会員は50~80代の41人で、うち実働は今年33人だったそうです。

すごいですよね!

今年は

NHKの「天地人」
の影響もあり、

両神社隣接の市上杉博物館で開催中の

「天地人博2009」

の入場者も12日、50万人を超えたそうです。


最近、
開かれた反省会では

「団体の添乗員から遅れの連絡が来ないケースも多々ある。無料ボランティアなので携帯で連絡ぐらいほしい」
「駐車場で待つ間の詰め所を」
「予定が遅れ時間がないから案内を短くと要求された」

など対応に追われた1年を振り返ったとのことです。

まだまだ、改善の余地はありそうですが、
是非このまま、続けていってもっともっと
質の良いガイドとなればよいですよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091230-00000073-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 20:11がんばれ山形!

2009年12月30日

山形新幹線、29日の車両不具合により30日に2本運休

JR東日本は29日、車両に不具合が判明したため、
30日に運行予定だった

山形新幹線2本を運休すると発表したそうです。
同社は、臨時列車を走らせるなどして対応するということです。


昨日の午前に、
東京発盛岡・山形行き

「MAXやまびこ・つばさ107号」

が宇都宮市を走行中、つばさ号の電気機器が故障したんだって、
そのためにこの車両の運転を当分見合わせることになったんだって。


同社によると、
運休するのは午前10時42分に山形駅を出発し、
午後1時48分に東京駅に到着するつばさ80号と、午後2時に東京駅を出発し、
午後3時33分に福島駅に到着するつばさ85号の2本。

同号の福島-山形間は別車両で運行するそうです。

同社では、
運休車両の利用客のために、
つばさ80号の福島-東京間、つばさ85号の東京-福島間と同じ停車駅、
同時刻で、東京-仙台間の上下線それぞれに臨時列車を運行させるんだって。

でも、走っているときに電気機器が故障したなんて、
どの部分の電気機器か変わりませんが、
事故に至らなくて良かったですよね。

とにかく、新幹線なんぞが事故にあったとなれば、
それこそ大惨事。

とにかく、この時に他の車両も順次点検して欲しいですよね。

ただ、山形新幹線のつばさの車両って子どもにもとっても人気が
あるのにね。
乗るのを楽しみにしていた、子ども達は残念勝手いたでしょうね!

ちょっと、乗り換えがあるのが面倒くさいですが、
とりあえず臨時列車を走らせてくれると言うことで、

乗車客の予定も狂うことなく
乗車出来るので良かったですよね。

事故にならなかったのが何よりです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091229-00000576-san-soci  


Posted by shirobuta at 20:16今日の出来事

2009年12月29日

「YAMAGATAドリームキッズ」虹道の応募者が、予想の倍!

五輪や世界大会など、
スポーツの国際舞台で活躍する選手を育成しようと、
山形県が本年度から展開している

スポーツタレント発掘事業
「YAMAGATAドリームキッズ」

が本格始動し、好評を得ているそうです。

1次選考には県の想定の倍近くが応募。
県の担当者は

「金の卵」

の誕生に期待を寄せているということです。


体力や技術向上だけではなく、
社会性や人間性を身に付けさせ、
国際舞台で活躍できる人材を育成することが目的で、

県内の小学3、4年生を対象に選抜を実施、
中学3年までの約6年間という長期的プログラムを組むそうです。

そうかぁ、県内の子どもが対象なのかぁ~。
これを知った県外の子は、
うらやましいでしょうねぇ~。

日本には、こういったアスリートを育てるための専門の
場所がないだけに、とっても注目されるんじゃないのかな?

海外ではこういう事は随分前から始めているのに、
オリンピックでメダルを狙う日本なのに、
今までにこういう事業がなかったというのは、ちょっと残念なことですよね。

出来れば、もっとおおくの地域に
事業所が出来ればいいですね。

他の地域にも有望な子ども達は一杯いるでしょうから。

強化プログラムは種目を限定せずに、
運動能力を全般的に鍛え、
中学3年時に、それぞれの得意な能力や個性に合わせ、
競技種目を絞るそうです。


指導者には県内の競技関係者だけではなく、
国立スポーツ科学センター(JISS)や日本オリンピック委員会(JOC)とも連携し、
高いレベルでの指導を行うんだって!

これは、本格的だでしょう?
オリンピックのメダルを狙っての事業でしかあえ言えないよね。

県スポーツ保健課は

「予想以上の申し込みで、滑り出しは上々。世界の舞台で活躍したいという夢を持つ子どもたちの手助けをし、
山形を引っ張ってくれるような人材を育てたい」

と話しているとのことです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091229-00000008-khk-l06  


Posted by shirobuta at 20:03山形の発展!

2009年12月28日

山形、親子がミニ門松作り「玄関に飾りたい」

ミニ門松を手作りする講座が26日、
山形市城西町2の霞城公民館であり、

参加者は
約80人の親子で、

緑色の松の葉や、真っ赤なナンテンの実を飾り付けて
オリジナルの門松を仕上げたそうです。

この忙しい、師走の中、
冬休みになって、新年を迎える準備を親子でするなんて、
なんだかとっても良い感じ!

門松は、直径約15センチ、高さ約20センチの円筒形の空き缶を土台に活用。
青竹3本を入れ、周りに松の葉、
ナンテンの実が付いた枝、梅の枝を飾り、

紙垂(しで)を付けて完成させたそうです。

講座は06年から毎年開催してるんだって。

今年が4回目でm

回を重ねるごとに、
同市東沢地区で20年前から子供たちに門松作りを教えている

地区の人4人が講師役を務めたそうです。

母親と参加した同市沼木の小学2年、高橋茉那さん(8)は

「玄関に飾ってにぎやかなお正月にしたい」

と話していたんだって。

お正月には欠かすことん出来ない門松。
親子の交流には、とっても良いですよね。

昔は、
お正月に必ず必要なものは何もかも家出準備していたものですが、
最近では、作り方を知っている人の方が少ないんだもんね。

こういう事を教えてくれうる人がいるって、
とっても大切なことだと思います。

子どもも、自慢じゃないですか。
自分が作った門松が玄関の門に堂々と飾られ、
新年を迎えるんですから!

さて、これからは、大掃除があったり、
おせち作りがあったりと、

手伝うことはたくさんありますねぇ~。
年を迎えれば、嬉しい楽しい、お年玉だもんね!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091228-00000115-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 20:01こんなのどうですか?

2009年12月27日

米沢・西蓮寺の軒下に新生児男児置き去り、死亡確認

25日午前9時40分ごろ、
米沢市中央5の西蓮寺の本堂軒下に、

生後間もない男児

が置かれているのを
清掃の女性(72)が発見したそうです。

男児は心肺停止状態で、
約1時間半後に病院で死亡が確認されたんだって。

県警捜査1課と米沢署は、
死体遺棄や保護責任者遺棄致死の疑いもあるとみて調べているそうです。

同課などによると、
男児はピンク色の産着を着せられ、バスタオルにくるまれていたということです。

外傷は確認されていないんだって。

死後、数日経過しているということで。

市消防本部によると、へその緒がついていたといから、
本当に生まれてすぐだったのですね。

でも、産着に着せられていたと言うことは、
少なくとも、赤ちゃん誕生の準備をしていたと言うことではないのでしょうか?

伊藤龍昭住職(67)は

「清掃の女性は最初、人形と思ったようだ。『赤ちゃんが置いてかっちゃ』と連絡を受け、
びっくりした。お寺は延命地蔵様と水子地蔵様をまつり、24日まで地蔵供養をしていた。
それを知って何とかしてもらえると思ったのかなあ」

と残念そうに話したそうです。
辛い話ですね。
住職が言われるように、何とかしてくれると思ったにしても、
男児だって、自分を生んだおかぁさんに供養してもらいたかったと思います。
 

住職によると、24日夕ごろには何事もなく、
25日朝も住職はじめ本堂に出入りする人で気付く人はいなかったということです。

なんだか、切ない。
初くらなくなっているからとはいえ、
産着に包んでいるからとはいえ、

こんな寒い冬空にひとり放っておかれたなんて、
かなしいな。

おかぁさんは、早く名乗り出て欲しいですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091226-00000156-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 21:05辛いね

2009年12月26日

小室哲哉、復帰第1作目はの曲は、やしきたかじんに!

今年5月に詐欺事件で有罪判決を受け、
執行猶予中の音楽プロデューサー、

小室哲哉(51)

の“復帰第1作”は、

歌手でタレントの
やしきたかじん(60)

の新曲になることが25日、分かったんだって。

ふ~ん。
なんだか、イメージが違ったかな?
人にはそれぞれ歌っているその人のイメージの歌ってあるじゃないですか?
そのイメージの歌を
たかじんが、小室に伝えて
小室が作ったのか・・・。

小室がたかじんをイメージして作ったのか・・。
どっちなんだろうか?

ひょとすると、これまでたかじんが、
歌ってきた歌と全く違ったものになっている可能性もなきにしもあらずですよね。


現在、
小室は来年50人のアーティストに提供する楽曲作りに励んでいるということですが、
判決後

具体的なリリースが明らかになるのは初めてだそうです。

関係者によると、
新曲は

「たかじんの泣き節を生かしたバラード。タイトルは未定でレコーディングもまだだが、
来年春ごろに発売になる」

ということです。
作詞は秋元康氏(53)が担当し、
たかじんにとって、7年ぶりのシングルCD発売となるんだって。

そういえば、ずっと新曲ってなかったかな?
うたってさぁ、そんなに本当にどんどんできていくものなのかしら?

必死になればン留程できあがらないような気がします。

たかじんが、

「作曲は小室さんに!」

とラブコールしたらしい。
作られた曲は、

田歌人がキャプテンを務める
任意団体「OSAKAあかるクラブ」 の テーマソング

にもなるんだって。

同クラブは“町おこし”の意味合いがあり、
大阪府民のため、さまざまな場で歌い継がれていく。

社会を騒がせた小室にぴったりの“復帰曲”になりそうだということです!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091226-00000033-sanspo-ent  


Posted by shirobuta at 20:13芸能界ちょっとのぞき見

2009年12月25日

庄内地方、記録的な大雪で旧映画館などが壊される!雪って重い!

記録的な大雪に見舞われた山形県庄内地方で、
雪の重みによる建物の損壊や除雪作業中の負傷者が相次いでいるしyです。

ほんとうに、自然というのは思うように
行ってくれないもんだよね。

つい先日までは暖冬でどうしようか?
なんていっていたのにさぁ。

今度は雪が急に振ってきて大喜びしていたら、
度か雪で、

さくらんぼの気が折れたり、古い建物がつぶれたり、
被害が続出。

困ったものだよ。

鶴岡市山王町では23日午前8時20分ごろ、
旧劇場の建物が倒壊したそうです。

鶴岡署などによると、
木造一部2階の建物のうち、
ホール部分約200平方メートルが崩れたんだって。

けが人はいなかったそうなんだけれどね!

11同署は屋根に積もった雪の重みが原因とみているそうです。

仲介をしていた不動産会社によると、
建物は1970年代末まで営業していた

映画館
「スカラ座」

で、廃業後は演劇練習場になっていたそうです。
老朽化のため、ここ2年ほどは使用されず、
近く解体する予定だったということですから、まぁ、良いほうへと考えれば
解体の手間が省けたと思えばいいのかな?

近くに住む女性(66)は

「ドンという重い音が響き、地震かと思った」

と話していたそうです。

酒田市や庄内町でも雪の重みで倒れた木で
建物の屋根や壁が壊れる被害が発生しているんだって。
倒木による電線や高圧線の被害では、
16日以降に延べ約7000世帯が停電となったそうです。

本当に困ったもんだよね。
スキー場にとっては度か雪が降ってとってもいいことだったように思うのですが、
もうすこし、普通に振ってくれなくちゃ、
今まで暖冬でなぁんにもないところに、
ここに来てドカ雪。

みんな自慢しているじゃないの?

雪下ろし中の人的被害は17日から23日まで、
高齢者を中心に1人が死亡、9人が重軽傷を負ったとのことです。
転落や転倒が目立つ一方、2人は屋根からの落雪に直撃された。

庄内地方は今週、雨の日が多く、
大量に積もった雪は水分を含んで重くなり、
緩んで崩れやすい状態とみられるているそうです。

県の豪雪対策室は

「落雪にも十分に注意してほしい」

と呼び掛けているそうです。

雪かきはいったいどうなっているのでしょうか?
古い家も多いでしょうし、

とにかく、用心することにこしたことはないですよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091225-00000005-khk-l06  


Posted by shirobuta at 20:25何が起こった?

2009年12月24日

酒田、慰め会で中学校教諭が飲酒し、生徒までも一部が飲酒!

酒田市の中学校の

男性教諭が生徒を集めて開いたレクリエーション大会で
飲酒し、そればかりか、
一部の生徒も飲酒していたことが23日分かったそうです。

生徒の前で飲酒とは、いったい何事?
考えられないことですよね。

学校側は教諭や生徒から事情を聴き指導する一方、
同日、保護者会を開き説明したそうです。

こんな教諭の不始末いったい、学校は保護者になんて説明したのやら?
言い訳かな?

学校側の説明によると、
教諭は5日午後2時から、
担任するクラスの全生徒32人を学校近くのコミュニティーセンターに集めたそうです。
11月に学内であった
合唱コンクールで実力を発揮できず落ち込んでいる生徒たちを

元気づけようと教諭が企画したそうなんだけどね。

それがどうして?
自らが酒を飲むことになったのか?

自由参加で会費は1000円だったんだって!
保護者の了解は得ていたが学校側の許可を得ていなかったそうです。

変な教諭だよね。
まずは、学校の許可を取ってから保護者の許可を取るべき何じゃないの?
2時間ほど勉強会を開いた後、
全員でハンバーグを作り夕食、映画を鑑賞して午後9時に解散したんだって。

教諭は缶ビール6缶を飲んだそうです。
これがわかんないんだよね。
だって、生徒が一緒なんだよ。
それなのに、どうして飲酒なんか出来るんだろう?

その後、
生徒23人は生徒の親が経営する旅館に移動したそうです。
男子生徒7人が食堂で缶酎ハイ6缶を飲んだりなめたりしたという。

酎ハイは男子生徒1人が3缶、
同行した教諭が5缶持ち込んだものだったんだって。

教諭は旅館に移動した際すでに酔っていて寝てしまい

生徒の飲酒に気づかなかったということです。

旅館というのは生徒の親が経営しているんだよね。
その姿を見て、保護者はどう思っただろうか。

午後11時には解散したが、
男子生徒8人と教諭が宿泊したんだそうです。

保護者が迎えに来た際、
複数の生徒が酒臭かったことから7日になって教諭に話し、
教諭が生徒たちに聴取したところ事実が判明したんだって!

自身の飲酒も含めて学校側に報告したそうです。

同校の校長は

「してはいけないことをした。厳重に注意した。ただ長所をたくさん持った教諭なのでこのまま終わらせたくない」

と話しているとのことです。
処分については市教委に報告後、県教委が決める。

ま、生徒のことを考えている教諭みたいだけれど、
一般常識というものをもう少し、教わった方が良いのでは?
そして、
自分は生徒を教える立場、見本となる立場なんだと言うことを自覚しなくちゃいけないよね。
生徒とのことを考えるのは良いけれど、けじめはつけなくちゃいけない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091224-00000106-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 20:14どういうこと?

2009年12月23日

村山“雪かき職人”養成道場!首都圏からも除雪ボランティア

山形県村山総合支庁は来年1月30~31日、
村山市内で、

首都圏などから除雪ボランティア希望者
を受け入れて

雪かきの基礎を学んでもらう2度目の
「みちのく雪かき道場2010」

を開催するそうです。

将来的には、
道場経験者が、
県内の豪雪・高齢化地域でボランティアとして活躍する青写真も描いているということです。
前回、
雪かき実習を短期間に集中させ、
過酷さのあまりばてた

“苦い経験”

を生かし、分散させ休憩も取らせるなど配慮したんだって。
とはいっても力仕事。
心根が優しく、足腰の強い“雪かき職人”育成に向け、

関係者はつわものからの募集を手ぐすね引いて待っているとのことです。

こういう雪かきの仕事というのは、
コツもいると思うんだよね。
だから力があるだけじゃ、決して楽には出来ないし、
疲れるばかり何じゃないかな?
って思います。

毎日やっているからこそ、そのコツも覚えられるというもの。
短期間に、雪かきとはいえ、
コツを学ぶのは相当大変なことだと思います。

県、村山市などでつくる実行委員会が主催しているそうです。
高齢化が進む県内豪雪地帯の除雪について

「将来的に地域外からの応援、協力が不可欠になる」

と危惧(きぐ)したのがきっかけでこれら地域では、
地震発生後の防雪対策についても不安視されているそうです。

たしかに!
人の手でないと除雪できないところもきっとあるはずですものね。

雪かきといっても、完全防備で望まなくてはいけないのに、
2004年の中越地震後は、高齢化が進み、
屋根の除雪の人出が足りない被災地で住宅倒壊が相次いだときに、
また、

雪かきを手伝おうと駆けつけたボランティアがスニーカーなどの

軽装で現地入りしたことも問題視されたとのことです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091222-00001419-yom-soci  


Posted by shirobuta at 20:48今日の出来事

2009年12月22日

山形・合唱団、難病少女が残した歌を披露し全国に共感の輪

難病で肝移植手術を受けた直後に
17歳で亡くなった

新潟県燕市の岡村可奈子さんの詩

「笑顔を忘れないで」

が歌になり、22日、母校の市立燕南(つばめみなみ)
小学校の6年生全員が合唱したばかりでなく

山形の合唱団がコンサートで披露するなど、

病苦や厳しい境遇に負けずに笑顔で生きた少女の詩に共感が広がっているそうです。

可奈子さんは胆道閉鎖症で
医師は生後間もなく

「成人まで生きられない」

と宣告。
両親は子育てに絶望して離婚し、家を去り、加奈子さんの祖母である和子さんに育てられたそうです。
入退院を繰り返しながら、
14歳のとき家族や友人らに支えられて生きる自分の姿を詩につづっていたんだって・・・

どんなにか、和子さんは大変だったでしょうね。
おやであっても大変な子育て。
それを和子さんは
大変な病を抱えている可奈子さんを育てた。

すごいですね。
母校で歌われたときには、児童の横で

和子さんが可奈子さんの遺影をしっかと胸に抱き涙ながらに聞き入ったと言うことです、


2003年1月、肝移植を受けたその日のうちに帰らぬ人となった。
人づてに詩を知った

山形県南陽市の音楽家須貝智郎(すがいともお)さん(56)

が昨年8月、

「病気に苦しむ人たちの応援歌になれば」

と作曲したそうです。

この歌が歌い継がれる限り、
可奈子さんの思いもみんなと共に生き続け、
病気で苦しむ人たちの励ましとなり続けることだろうと思います。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091222-00000821-yom-soci  


Posted by shirobuta at 21:30今日の出来事

2009年12月21日

羽越線事故でJR社員を業務上過失致死傷容疑で書類送検

山形県庄内町のJR羽越線で
05年12月25日、

秋田発新潟行き特急「いなほ14号」(6両編成、乗員・乗客46人)

が脱線転覆し、
5人が死亡、33人が重軽傷を負った事故で、

山形県警捜査1課は21日にも、

特急の運行を管理していた当時の
JR東日本新潟支社輸送指令室の担当者らを

業務上過失致死傷容疑で山形地検に書類送検する方針を固めたそうです。

県警などの調べでは、
事故当日の同線砂越(さごし)
北余目(きたあまるめ)駅間の現場付近は暴風雪警報が出ていて、
活発な積乱雲群が通過中で気象現象が大きく変わりやすい状況だったにもかかわらず、

JR東日本新潟支社輸送指令室の担当者らは警戒せずに列車を運行させたんだって。

その結果。
列車は南西からの強風を受け約4メートル下に脱線転覆したそうです。

これは、確かに人災といえますよね。
なぜにそんな危険がわかっているのに、
電車を走らせてしまったのは何?

本当は、そんな気象情報を把握していなかったんじゃないの?
08年4月に公表された

国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調査報告書は、
局所的な突風が事故原因と推定。

突風は瞬間風速40メートル程度と分析したんだそうです。
竜巻か、強い下降気流が地面に衝突して吹き上がるダウンバーストで
事故を予測するのは難しかったと結論付けていたんだって。

確かにね、
交通機関がストップするのは、利用者にとても迷惑をかけることだとは思いますけど、
でもね、
やはり、少しでも危険が疑われる以上は
電車を走らせるべきではないのでは?

と思います。
事故を起こして、死傷者をだすよりも
良いと思いますけどね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091221-00000006-mai-soci  


Posted by shirobuta at 20:25今日の出来事

2009年12月20日

山形「佐藤繊維」モヘア糸使用カーディガンをミシェル夫人が着用

山形県寒河江市の「佐藤繊維」(佐藤正樹社長)
が製造した高級モヘア糸を使ったニナ・リッチのニット製カーディガンを

ノルウェーのオスロで
今月10日に行われた

オバマ米大統領のノーベル平和賞授賞式で、

ミシェル夫人が、着用

していたことが、わかったんだって。

1月のオバマ大統領就任式でも身に着けていることから夫人のお気に入りぶりがうかがえ、

世界のニット業界の話題となっているんだって。

なんだか、すごいね。
大統領夫人ともなると、来ているものでも材料まで話題になるんだぁ。
デザインだけではなく、
毛糸までが話題になるなんて、ちょっとビックリです。

ミシェル夫人が着用していたカーディガンに使用されていたからこそ、世界的に注目されましたが、
これが、何処の誰かもわからない、例え
大金持ちの人が着用していたとしても、

決して注目はしてもらえなかったよね。

何が、幸いするかわからない。

でもすごいよ佐藤繊維!

佐藤繊維は

「信じられない。ファーストレディーに着てもらえるのは最高の喜び」

と話し、高級糸の開発、ブランド戦略に弾みをつけたい考えみたい。
でもさ、ニナリッチにと納入している時点で、
それはもう、素材を求めてもらっているようなものじゃないですか?

カーディガンはイタリアのブランド、ニナ・リッチ製で、
繊細で光沢のある黄緑色が基調になっているそうです。

佐藤繊維が南アフリカの

アンゴラヤギから微量しかとれないモヘアを原料にして作った
1グラム当たり44メートルの極細ニット糸が使われているそうです。

同社が光沢のある黄緑色に染め上げてニナ・リッチに納入したんだって。

米大統領の就任式でファーストレディーがニット製品を着たのは初めてのことなんだって。

佐藤社長は

「ファッション業界でニットのステータスは確実に上がった。今後のブランド戦略に弾みをつけたい」

としているとのことです。
ここ最近は、ニット業界も全くと言っていいほど
パッとしないけれど、

今回ファーストレディーがニットを着用したことによって、
ニット業界に明るい未来が見えてきたかも?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091220-00000310-yom-bus_all  


Posted by shirobuta at 20:11山形の発展!

2009年12月19日

山形・陸自第6師団陸士長、腹立て先輩の迷彩服捨て停職5日

陸上自衛隊第6師団第20普通科連隊(東根市)は18日、

先輩男性隊員の
迷彩服をごみ捨て場に放置した

として

男性陸士長(21)

を停職5日の懲戒処分にしたんだそうです。

そもそも、どうして陸士長は、
先輩の迷彩服をゴミ捨て場に放置しようと思ったのか・・・。

これは、小さな子どもが
するような理由。

腹が立ったからお前の迷彩服、捨ててやった--。

こんな理由だよ。
ばっかみたい。
成人した、いっぱしの男が言う言葉かよ!


第6師団によると、陸士長は9月11日午後1時ごろ、
駐屯地内の洗濯室で、
先輩隊員の迷彩服の上着1着を洗濯機から取り出し、
ごみ置き場に放置したんだって。

迷彩服は回収した業者に廃棄された。

「日ごろ、あいさつや掃除をうるさく指導され、腹が立っていた」

と動機を話しているということです。
挨拶や掃除をうるさく始動されるなんて、基本的なことだろうし、
21の男が言われるような事じゃないでしょうよ。

もう、しっかりそういうことは出来ていなきゃ。
注意されなきゃいけないほど出来ていないこと自体がおかしい。

師団広報室は

「命を守る迷彩服を捨てるとは、自衛官として許し難い」

と話しているそうです。

どうしようもないよね。
こんな人間が命を守れるはずもなく、どうして自衛隊に入隊したのかさえわからないわ。
やっていることは小学生以下だよ。

注意されて、それをただそうと思わないなんて。
向上心がない奴は、結局何をやっても同じ事!
きっと、いつまで経っても成長しない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091219-00000142-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 19:17どういうこと?

2009年12月18日

山形、庄内地方・鶴岡93センチの豪雪!これは12月では最高

庄内地方は15日以降、
本格的な雪が降り続き、
鶴岡市櫛引では

17日午前10時に93センチの積雪を記録しこれは、

12月としては同地点の観測史上最高の積雪を更新したということです。

しかし、いったい同菜ってんでしょうね?
この気温の変化は・・・。

ついこの間までは、暖冬でスキー場も全く雪が無くて困っていたというのに、
今度は急に豪雪だよ。

挙げ句の果てに、
雪が降り過ぎちゃって、交通すらまともに動けない状態だなんて!
困った門だよねぇ~。

どちらにしろ、スキー客が中々訪れる事なんて出来ないじゃない。
変な機構だよ。まったく・・・。

同市斎藤川原では、屋根の雪下ろしをしていた
無職、渡部九一(くいち)さん(73)が死亡したというニースも入ってきています。

交通機関の乱れはとっても酷くて、

山形地方気象台によると、強い寒気が入り込むため、
18日以降も県内全域で大雪が予想されるということです。

交通機関は、 庄内空港と羽田空港を結ぶ空の便は6便が欠航。
鉄道は午後8時現在、JR羽越線で上下合わせ特急列車10本、普通列車18本が運休。
特急3本、普通6本に遅れが出た。陸羽西線は普通2本に遅れ。

また、鶴岡市を中心に5000戸余りで停電が発生したが17日中にほぼ復旧したそうです。

上手くいかないよね。
この豪雪が落ち着いたら、
いよいよ、全国のスキー場もかき入れ時!
挽回の時だよね!

しかし、早く落ち着いてくれなくちゃ、
スキー客どころか、自分たちの生活だってままならない状況に!

まさか、こんなに急に降り出すとは思ってもいなかったよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091218-00000063-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 21:50がんばれ山形!

2009年12月17日

山形・ヤミ金融、全国で一斉集団告発。県内では13社告発!

法外な利息を要求するヤミ金融業者を撲滅しようと、
全国一斉に

ヤミ金融集団告発があり、
県内でも県弁護士会の有志約10人が15日、

県内の男女4人が被害に遭ったヤミ金融業者13社に対する
告発状を県警生活環境課に提出したそうです。


告発状とともに、
東京や大阪などのヤミ金融業者13社の

業者名、住所、携帯電話番号の他、口座番号も資料として提出したんだって。

弁護士らによると、
被害者は年利換算1000~3000%超の金利を要求されたそうです。

携帯電話で取り立てをし、
離婚相手の実家にまで電話して返済を迫る社もあったということです。

また、支払いごとに携帯電話番号を変えるなど、
業者が特定できないようにしているんだって。

ヤミ金業者も逃げ道をしっかりと作っているわけですね。

告発するのは、いいとして、
でも、借りる人たちは、

借りるときには、そこがヤミ金業者だということは当然のごとくわかっているんじゃないんですか?
そのときには、金利などの説明は受けないのか。

だまされていたというのなら、
借りたほうには、責任はあまりないかもしれないですが、

やみ金だとわかっていて、そこに足を踏み入れるというのなら、
ある意味、自業自得みたいなところがあるような気がするんだよね。

外塚功弁護団代表は

「昨年と比べ横ばいだが、依然として県内でも被害がある。
泣き寝入りしている人も勇気も持って相談してもらい被害をなくしたい」

と話しているそうです。

ま、こく初をするに越したことはないですけれどね。
ただ、ヤミ金にお金を借りた人というのは、
ヤミ金以外では、お金を貸してもらえなかったということでしょうから、
どうしようもないんじゃないのでしょうか?

いくら、告発したとしても、
借りる人がいる以上、絶対にひどいヤミ金だって、なくならないと思うんだよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091216-00000128-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 19:23知っておく必要がある

2009年12月17日

山形・新型インフルエンザ、公立は別室で高校入試し追試せず 

来春の公立高校の入試で、
新型インフルエンザに感染した受験生は

別室で試験を受け、追試はしないという方針を15日、
山口常夫教育長が

県議会予算特別委員会で明らかにしたそうです。

そうだよね。
それが、当たり前なのだと思います。
だって、おかしいよ。
新型インフルエンザだけ。
追試をするなんて!

それじゃ、これからも何かの病気になって受けられなかった人は、
追試という方向で入試をずっと行って行くのか?

っていうことになりませんか?

中学生のワクチン接種が当初の1月中旬開始予定から、
1月4日に前倒しになり、

3月10日の試験日までに接種が終わると見込まれるためなんだって。

接種の進み具合を確認した上で、
1月中に正式に決めるそうです。
なぁんだ、追試を行わない理由はそんな子尾なのか・・・。

でも、不公平さと思うんだよね。
誰らって、入試のときに病気になる人はいるわけでしょう?
別にインフルエンザでなくても
これまでだって、これからだって、入試の日に残念ながら病気で受けられなかったという人はいるはず。
今回だけ、追試なんていうことになったら、
それは、やっぱり不公平だと思うんだよね。

楳津博士県議(県政ク)の質問に答えたそうです。
山口教育長は

「追試は試験問題が異なり、問題が生じる可能性がある」

と述べたそうです。
別室受験は季節性インフルでも導入されていて、
新型インフルもワクチン接種さえ進めば季節性と同じ対応で良いと判断したとのことです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091216-00000126-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 12:17新型インフルエンザ

2009年12月16日

山形・天童市、小中学校給食に賞味期限切れケチャップ100袋

天童市の小中学校の給食で今月2日、
賞味期限が6日過ぎたケチャップ100袋を誤って出していたことが分かったそうです。

児童、生徒の健康被害は確認されていないということですから、
まぁ、今度から気をつけてください。
というほかないですよね。

しかし、そもそも6日過ぎたケチャップが100袋も残るなんて事ありえるのか?
だって、給食なんだから大体どれくらいの袋数が必要かなんてことは、
完全に把握できるはずだし。

6日も、過ぎているのなら、
とっとと、捨ててしまえばよかったんだよ。
それとも、気づかずに出してしまったということでしょうか?

そうなってくると、それは商品管理不足というしかないですよね。

市学校給食センターによると、
市内16の小中学校でホットドッグの調味料として出されたマスタードと一体型のケチャップ5900袋のうち、
100袋の賞味期限が11月26日だったんだって。

生徒が気付き発覚したそうです。

少なくとも中学校2校で提供したということです。
業者から納入された際に確認を怠ったんだって。

あらあら、やっぱり。
こういうのって、いつも確認を怠ったり、という
人的ミスからだよね。

ただ、
消費ではなくて、賞味期限ということですから、そんなに気をもむこともないと思います。
賞味期限というのは、

製造した時の味とまったく変わらぬ味で食べることができる期間

ということですから。

市学校給食センターの五十嵐慶一所長は

「確認のミスがあった。食材を受け入れる際のチェックを徹底したい。
納入業者にも品質管理の徹底を求め、再発防止に努める」

と陳謝したそうです。

確認のミスは許されることではありませんね。
そういうことをしていると、あらゆることでチェックを怠ってしまいますからね。
いつも、チェックや、確認はしっかりと行うように
癖付けておくことはとても必要なことだと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091215-00000073-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 19:41どういうこと?

2009年12月15日

山形・酒田の河川敷で見つかった遺体は夫が捜索願を出していた

12日午前10時半ごろ、
酒田市本町の新井田川に架かる新内橋下河川敷のコンクリート上で、
女性が倒れているのを通りがかりの男性が発見し、

救急隊員が駆け付けたところ、
女性はうつぶせ状態で頭から出血しすでに死亡していて、
この女性は、
夫から捜索願が出ていたそうです。

女性が亡くなっていた河川敷の川には
川には女性のものとみられる自転車が沈んでいたそうです。


酒田署によると、
女性は11日夕方から行方不明になり、
夫(69)が捜索願を出していたんだって。

身元は、
酒田市若竹町2、無職、杉山幸子さん(67)

だということです。

同署は杉山さんが自転車ごと転落した可能性があるとみているそうですが、
事故、事件の両面で13日、

杉山さんの遺体を司法解剖し調べるとのことです。

新内橋は工事中で、歩道に安全柵が無かったということですから、
事故と言うことになれば、
工事をしていた会社の安全管理?
に問題はなかったtかどうかということが問われますよね、

夜の現場はとても危ないですよね。
特に橋を工事するのに、
安全対策も何もしないで、
工事をしていたというのは、大きなミスですよね。

落ちたら、命が危険にさらされる事くらいは、
想像できるはず。

工事現場ってね、
絶体に安全柵をつけなくてはいけないという決まりがあるはず。

夜はもちろんその柵が見えるように、電気も設置していなくちゃいけない。
いったい、何処の会社が工事を請け負っているのか・・・。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091213-00000057-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 20:21何が起こった?

2009年12月15日

山形工業高校、小中生が参加したLEDのツリー作り公開講座

LED(発光ダイオード)を使った
クリスマスツリー作りをする

公開講座
「電子クリスマスツリーをつくろう!」

が12日、山形市の山形工業高であったんだって。
参加したのは、

小中学生16人。

電子システム科生21人が日ごろの勉強を生かし、
赤や青、黄のLEDを使って。、参加した小中学生を手伝って

ツリーを完成させ点灯させたそうです。

小中生らは

「きれい」

と満面の笑みで声をあげていたんだって。
なんだか、良いですね。
自分たちの勉強をいかして、
同じ地域の、少し自分よりも年齢がしたの子ども達に教えてあげるのって!
地域のはぐくみにもにもなると思います。

ツリーは三角すい状のクリアシートに緑色のフェルト布をはって、
3色のLEDを頂上に1個、
残り2個を土台に埋め込み光源にして枝に見立てた光ファイバーを光らせたそうです。

家族4人で参加した山形市吉原南、市立桜田小1年、阿部みのりさん(7)は

「教えてくれたお姉さんが優しくてきれいにできた」

と喜んだということです。

学生たちは手作り工作キットの基盤作りなど1週間かけて準備。
電子システム科長の阿部新吾教諭(42)は

「遅い時は午後7時までキット作りをしていた。小さな子供をうまくサポートしていた」

と学生たちの教えぶりを頼もしそうに話したとのことです。
ひょっとしたら、このことがきっかけで
教師を目指すなんて言う高校生が出てくるかも?

子ども達が子ども達を教える。
それは、摂ってお面白いと思うんだよね!

教師は、きっと幼い頃にどんなことをすれば楽しかったかなんてことを忘れていますが、
子ども達なら、子ども達の目線で楽しく、
遊びながら、教えることが出来るんじゃないかな?

こういう試みは定期的に
行われると良いですね。

教える高校生だって、勉強になるでしょう。
教えると言うことはしっかりと理解が出来ていなければ、
出来ないことだもんね。

高校生も楽しかったのではないでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091213-00000060-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 11:25こんなのどうですか?

2009年12月13日

山形・県警で全国初の制度『犯罪被害者貸付』

県警は08年4月に警察としては全国初の

「犯罪被害者等生活資金貸付制度」

を始めていますが、まだ利用した人は、誰一人としていないそうです。

これは、
犯罪被害者の経済的負担を少しでも軽くしようと言う思いから作られた制度です。

せっかく作られたのに、
どうして、誰も利用しないのか?

それとも、
利用しないのではなくて、利用する必要がない?

ということなの?

今年度中の制定を目指す犯罪被害者支援条例の骨子案には、
制度の活用も盛り込まれたそうです。

県警の武田伸一犯罪被害者支援室長は

「条例制定を機に市町村も貸付制度に取り組むなど、犯罪被害者を支える態勢が一層できれば」

と話しているそうです。

国が犯罪被害者に給付金を支給するという

「犯罪被害給付制度」

の対象者に、給付金が支給されるまでの間、
1人30万円を上限に無利子で貸し付けるそうです。

つまり

「生活つなぎ資金の融資」

ということになりますよね。
本当は、すごく助かるのだと思います。
何でもそうだけど、給付金というのは、
書類を提出して、実際に給付金を手にするまで結構時間がかかりますよね。
じゃぁ、その間
どうすればいいの?
なんてことになってくるんだもの。

国の犯罪被害給付制度は
審査に数カ月かかるんだって!

ちょっとかかりすぎ。

予算は年間100万円を計上しているそうです。

支援室は事件で制度の対象となりそうな人には、
必ず知らせているそうですが、

利用者はまだいないそうなんです。

無利子とはいえ、
返さなくてはいけないと言うことに、不安を覚えているのでは?

だって、返せる宛がないかも知れないじゃないですか?

支援室によると、国の給付制度の県内利用者は07年4件、08年4件、09年の11月末現在で1件だって。

武田室長は

「山形は制度対象となる凶悪事件が少ない。始まったばかりの制度なのでもう少し様子をみる必要がある」

と話しているそうです。

あって困る制度では決してないんだと思うんだよね。
いざというときのために、必ず必要な制度だと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091212-00000112-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 21:11知っておく必要がある