QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2010年05月03日

山形県、磯釣りで転落か?海で62歳男性死亡!

2日正午過ぎ、
山形・鶴岡市の海岸で磯釣りをしていたとみられる

千葉・流山市の
会社員・佐藤康弘さん(62)

が海に浮いているのが見つかり、
まもなく死亡が確認されたんだそうです。


警察などの調べによると、
2日午前8時半ごろ、

鶴岡市小波渡の岩場近くを通りかかった人が、
岸に置いてある釣り道具と無人の車を不審に思い、110番通報したんだそうです。

県警ヘリ

「がっさん」

などが出動し、
付近を捜索したところ

、釣り道具が置かれていた所から約70メートル北の海岸付近で佐藤さんが浮いているのを発見し、
ヘリで引き揚げたが、
すでに死亡していたそうです。

 
佐藤さんは1日夜、
1人で自宅を車で出発し、
2日朝早くから現場付近で釣りをしていて転落したとみられているんだって。

しかし、110番通報してくれた人がいてよかったですよね。
最近では、不振に思っていてもかかわりたくないがゆえに
通報なんてしないで、見てみぬ不利をする人もいてますからねぇ~。

通報してくれたからこそ、
なくなったとはいえ、佐藤さんをすぐに見つけることが
できたのですから。

通報が遅くなればなるほど、
佐藤さんの体はどこかに流されて、
ひょっとすると
探し出すのに数日かかかってしまっていたかもしれません。

見つからないというのはご家族にとってもご本人にとってもとっても不幸なことですから。
やっぱ、海釣りって言うのは、一人で出かけて行くというのも怖いですよね。

もし、高波が来て海に落ちたときには、
誰にも連絡のとりようがないんだもの。

危険なことが起こりうる場所には
決して一人では行かないようにしたほうがいいですよ。

事故当時は穏やかな天気だったとみられ、警察は事故の詳しい状況を調べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20100502/20100502-00000023-nnn-soci.html  


Posted by shirobuta at 21:31Comments(0)今日の事故

2010年02月08日

介護施設「輝きの丘」のワゴン車が街路灯に衝突し、7人けが

8日午前9時40分ごろ、

山形県川西町時田の町道交差点で、

介護老人保健施設
「かがやきの丘」

の利用者が乗ったワゴン車が街路灯に衝突、
運転手とお年寄り計7人が負傷し、

近くの病院に運ばれたそうです。

全員意識はあるということです。

って、結構大変なけがだったのかな?
だって、

「意識はあると言うことです」

とだけ、報道しているんだもの。
軽ければ、軽症って報道するでしょうし・・・。

どうも、未だ事故の詳細は
わかっていないようですね。


米沢署の調べによると、
事故現場は片側一車線の町道で
ワゴン車は交差点を右折しようとして道路端の街路灯にぶつかったといことです。


同署は雪でスリップしたとみて、
詳しい事故原因を調べているんだって。


ワゴン車は、
お年寄りを乗せ、

同町にある
「かがやきの丘」

に向かう途中だったということです。

雪でスリップというのは、
不可抗力だとは思うんですが・・。

こういう日の運転は本当に怖いですよね。

お年寄りの送迎だと余計に
大変だよ。

介護施設に向かう送迎車なんだから、
とうぜん、
乗っているお年寄りの方は、
自分自身で身動きが取りにくいと共に、

ぶつかったときの衝撃をもろに受けてshishi舞いますし・・・。

雪が降る間は、
車の添乗員も少し普段より多めの人数で
送迎した方が無難かも知れないですね。

添乗員が多かったからと言って、
事故が防げるというわけではありませんが、

とっさの安全確保は出来るのでは?


お年寄りのけがはどうだったのだろう?
全員軽症であれば良いですけれど!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100208-00000531-san-soci  


Posted by shirobuta at 20:14今日の事故

2010年02月05日

山形市、幼稚園バストスリップした軽乗用車が衝突!園児2人軽症

5日朝、
山形市で幼稚園の送迎バス
   と
軽乗用車が衝突する事故があり、

園児と職員の計2人が軽いケガをしたそうです。

事故の原因は、
路面の凍結による

スリップと見られているようです。

 
幼稚園の説明によると、
送迎バスには当時、

園児7人を含む9人が乗っていて、
このうち

4歳の女児と職員が

軽いケガをしたということなんです。


事故のはずみでバスは進路左側の電柱に衝突し、

ドアが開かなくなったため、園児らは窓から外に出たんだって。

怖かったでしょうね。
けがをしてしまった子どもはもちろん、
けがをしなかった子ども達だって、

衝突時の衝撃や、ドアが開かなくなって
窓からでなくてはいけないようなことになっちゃって、


その後、通園バスに乗ることが出来るのかどうか、心配ですね。

警察などの調べによると、
現場の交差点は、軽

乗用車側に一時停止の標識があり、
軽乗用車が凍結した路面でスリップして交差点に進入し、

バスの側面にぶつかったとみられているそうです。

怖いですね。
雪の降った日や、雪の降った後の運転って!

ただ、スリップしないようにブレーキを踏んだとしても、
路面の状態によって、
スリップを免れない事ってあるんですよね。

けがをした子どもも先生も軽症で、
良かったね。

ここのところ、
車のスリップによる衝突事故ってすごく多くなってますね。
もちろんみんな、安全運転を心がけてはいるのでしょうが、
こう言うときは、どうしようもないのかなぁ?

事故を目撃して、
通報した人によると、

子どもはわんわん泣いていた

状態だったということです。
そりゃ、そうだよ。

果たしてこの子達は、
月曜日から、
バスに乗ることが出来るのだろうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20100205/20100205-00000036-nnn-soci.html  


Posted by shirobuta at 20:47今日の事故

2010年01月17日

尾花沢、落雪に埋もれ男性死亡!このところ相次ぐ雪害事故

16日、
尾花沢市では
落雪や雪下ろし中の事故が相次いだそうです。

午前4時5分ごろ、
同市鶴子の無職、村岡鶴男さん(76)

方の軒下で、
村岡さんが自宅屋根からの落雪に埋もれ倒れていると、
親せきから119番通報がああり、

村岡さんは病院に運ばれたが、死亡されたんだって。

尾花沢署は、村山さんが落雪に埋もれ、
窒息死した可能性が高いとみて調べてるとのことです。

雪下ろしは絶体に必要なことなのですが、
高齢者の雪下ろしはやっぱり危険なのでは?

誰かに頼めばいいようなものの、
昔からやっている雪下ろし。
自分で、出来ると思うのでしょうね。



同署によると、村岡さんが雪かきのために外へ出た後、

「ドスン」

という物音を聞いた妻が、自宅の軒下で雪に埋もれている村岡さんを発見。
約2メートルの1階屋根から、
約24・5立方メートルの雪が落ちてきたということです。


また、同市黒沢では、
会社員、榎本みや子さん(61)が

自宅に隣接する会社の事務所で雪下ろしをしようと、
はしごを上っていた際にはしごがはずれ、
約3メートル下の地面に落下。腰の骨を折る重傷を負ったそうです。

やっぱり危険ですよ。
特に一人暮らしの方は、
何か、事故があったときすぐに気付く人はいないですからね。

手遅れになることが多いですから、
なるべく一人で雪下ろしをしないノア無難なのではないでしょうか?

ここのところの、降雪はとんでもない量でしたから。
雪下ろしをしなくては、何も出来なかったのでしょうけれどね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100117-00000087-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 20:08今日の事故

2010年01月01日

山形・国道で軽ワゴン車と乗用車が正面衝突で孫と祖母死亡

31日午後0時50分ごろ、
山形県上山市狸森の国道348号で、

山形市千歳、
会社員宍戸里美さん(24)運転の軽乗用車

がセンターラインをはみ出し、
対向車線を走ってきた同市下反田、

小学校教員渡辺隆さん(42)の乗用車に正面衝突し、

▽宍戸さんの車に乗っていた
  長男の蒼太朗ちゃん(4カ月)と
▽宍戸さんの母親の同市上町、
  会社員沢洋子さん(57)

の2人が脳挫傷などで死亡されたそうです。

県警上山署によると、宍戸さんの車には家族5人が一緒に乗っていたそうです。
亡くなった2人の他に、

運転していた宍戸さんは背骨骨折し、
宍戸さんの父親の沢由蔵さん(60)はドッ骨骨折で重傷を負ったそうです。

軽症で済んだのは
宍戸さんの夫の敬太さん(26)と
対向車の渡辺さんで、

いずれも首をねんざするだけですんだんだそうです。

当時、路面が濡れていたそうですが、
現場は緩やかな左カーブということなので、
ひょっとすると、スピードが出ていたのかも知れないですね。

山上署では、
宍戸さんの車がなぜセンターラインをはみ出したのかなどを調べているそうです。

やっぱり、車は怖いなぁ~。
便利なんだけれどね。
事故をしたときのことを思うと・・
だって、事故を起こした時って、
運転している自分は大抵助かるじゃないですか?

それがたまらないんだよね。
自分が事故を起こしたのに、自分が助かって
一緒に乗ってたものが死亡するって言うのが・・・。

ま、事故のことばかり考えていると、
車なんて乗ってはいられないですけれどね!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091231-00000063-jij-soci  


Posted by shirobuta at 20:05今日の事故

2009年09月20日

庄内の県道、自転車の73歳が乗用車にはねられ死亡

19日午後2時45分ごろ、
庄内町廿六木の県道で、

道路右側を自転車で通行していた同町余目の

無職、松田彦男さん(73)

が、正面から来た近くの

パート従業員、石野まゆみさん(51)

の軽乗用車にはねられたそうです。
松田さんは全身を強く打ち、間もなく死亡したということです。


庄内署によると、現場は見通しの良い直線道路。
石野さんが調べに対し

「助手席の携帯電話が鳴ったので、一瞬気をとられて自転車に気付くのが遅れた」

と話していることから、
自動車運転過失致死容疑で書類送検する方針です。

石野さんはパートに行く途中で、
松田さんは散歩中だったんだって。


県内では高齢者の死亡事故が相次いでいて、
県が16日、高齢者死亡事故警報を22日までの7日間発令しているところでした。

う~ん。携帯電話に気を取られていたとは・・・。
ちょっと、気になりますね。

車の運転をする時は携帯の電源をオフにするなり、
ドライブモードにしておくなりしなくては、危なくて仕方がないですよね。

絶体に、携帯に電話がかかってきても気にならないという人ならいいのですが、
たいていの人は、やっぱりちょっと気になってしまいますよね。

そうなると本当に今回のような事故はいつだって起こりうる可能性があると思います。
電話がかかってきても、
気になるなら、少し車を停めて電話を確認すればいいでしょう?

本当に、携帯って問題ですね。
今、運転中に携帯電話で、電話していたら点数を引かれるんだよね。
もっともっと、取締をきつくしなくちゃダメだね!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090920-00000121-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 21:55今日の事故

2009年08月16日

山形、真室川で水遊びで消防士が死亡

初め、

「・・・消防士が死亡・・・」

の、見出しを読んだときに私はてっきり、
子供が水遊びをしていて、溺れそれを助けるために
飛び込んだ消防士が溺れたて死亡したのだと思っていましたが、

違ってました。

15日午後3時55分ごろ、
真室川町乃位(のぞき)の真室川で、
同町平岡、最上広域消防本部消防士、

高橋桂太さん(21)がおぼれたと119番通報があったそうです。

そうなんです。
自分自身が泳いでいて、溺れちゃったんだって。
いったい何があったんだろうね。


高橋さんは病院に搬送されたが間もなく死亡したそうです。

新庄署によると、
高橋さんは午後3時半ごろから、県外から帰省中の小学校や高校時代の同級生の男性3人と、
川で水遊びをしていたところ、高橋さんの姿が突然見えなくなって、
友人が捜したところ水深3~4メートルの川底に沈んでいる高橋さんを発見したということです。


こんな事ってあるんですね。
帰省している同級生達と川遊びをしていたと言うことですから、
たぶん、高橋さんにとっては、幼い頃から遊び慣れた川だったのではないでしょうか?

消防士だから、多分泳げるはずだし、ある程度の潜水だって出来るはず。
それが、旧に姿が見えなくなっただなんて・・。

川や、海って不思議な魔物が住んでいるみたいなところがありますよね。
どんなに、慣れ親しんだ場所であっても、とても技術のある人でも、
溺れるときがあるんですよね。

溺れていたと言っても発見したのは、友人でしょう?
友人が泳いでいるときには、何も亡かったということですから・・。
何かが、小林さんに起こったと時化言いようがありませんね。

今年は、川での水難事故も本当に多い日本。
くれぐれも気をつけて欲しいですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090816-00000136-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 22:26今日の事故

2009年08月15日

山形・西川町の国道、帰省中の車同士が衝突

山形・西川町の国道で14日深夜、
乗用車同士が正面衝突し、

6人が重軽傷を負ったそうです。
双方とも首都圏から帰省中だったんだって。


14日午後11時50分ごろ、
西川町の国道112号で、
東京・武蔵村山市の

会社員男性(19)が

運転する軽乗用車が対向車線にはみ出し、
対向してきた東京・西東京市の

会社員・金駿さん(71)が

運転する普通乗用車と正面衝突したんだって。

この事故で、軽乗用車を運転していた男性と普通乗用車に乗っていた
横浜市の会社員・蛯名諄子さん(63)が
内臓破裂などの重傷を負ったほか、
4人が軽傷を負ったとのことです。

警察によると、
軽乗用車の男性は山形・鶴岡市の実家に帰省する途中で、
金さんら5人は秋田県内に帰省し、首都圏へ戻る途中だった。

どうして事故なんて?
大体、対向車線にはみ出すって言うこと自体がおかしいでしょう?
不思議と、普段なら事故を起こすはずのないような場所でsも、
なぜかこういった、寄生虫に起こる事故として、対向車線にはみ出して、
衝突すると言う事故が多くなってくるのはどうして?


何故、対向車線にはみ出してしまったのかは、まだわかってはいないようです。
ただ、死者が出ていなかったことがせめてもの救いではないでしょうか?
深夜の、地方の道は、車が通らないという先入観があるのではないでしょうか?

だから、ひょっとして、好きなように車を走らしたりしちゃうのかなぁ?
なんて思います。

http://nsearch.yahoo.co.jp/bin/search?p=%BB%B3%B7%C1  


Posted by shirobuta at 21:02今日の事故

2009年07月21日

山形署、巡査運転の乗用車が中央線はみ出しトラックと正面衝突

18日午後7時ごろ、
白鷹町浅立の国道287号で、
山形市在住の
山形署の男性巡査(19)の

乗用車が中央線をはみ出し、
対向の

天童市桜町、建設業、
佐藤政和さん(26)の2トントラックと正面衝突したそうです。

巡査は左手首や右足首骨折の重傷。
佐藤さんと同乗の同僚2人も足や頭に軽傷を負ったそうです。。


今月に入ってから山形の警察官が事故を起こしたのは
3件目じゃなかったっけ?

いったい、どうなってんの?
まぁ、たまたま、連続して事故が重なったと言うことかも知れませんが・・・。
この前に起こったのは、酒気帯び運転での事故なので
同情の余地まったくなし!
なんだけどね。


長井署によると、
巡査は前の車を追い越そうと対向車線に出たところ、
トラックと衝突したんだって。

現場は周りを田んぼに囲まれた見通しの良い直線道路。
巡査は18日は公休日で、長井市の実家に帰省する途中だったそうです。

でも、事故と言っても不思議なのが、
見通しの良い直線道路だっていうこと。

そんなところなら、絶対に対向車線から車が来ていることくらい見えるはず!
しかも、トラックだよ。

巡査の前方不注意と言うことになるのかな?
ひょっとしたら、車の通りはあまり多く何のかも知れませんね。


対向車線を確認せずに追い抜こうとして
中央線を越えたのかも?


重傷を負ったものの、
巡査もトラックに乗っていた3人も命に別状がなくてほんとうに良かったですよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090720-00000035-mailo-l06  


Posted by shirobuta at 20:20今日の事故